スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコポイント手続き、簡単にします 4月から(産経新聞)

 省エネ家電の購入を促す「エコポイント制度」について、政府は19日、登録申請手続きを簡素化するなどの制度変更を発表した。変更は4月1日からで、複雑でわかりにくいとの消費者の指摘を受けて改善した。申請書類への購入製品の型番・製造番号などの記入を不要にするほか、家電販売店が申請書の作成を代行する仕組みも導入する。

 4月からは申請書の記入欄が減るほか、領収書や保証書のコピーなどをはり付ける欄が大きくなる。これまでは書式が複雑で、申請のうち約3割で記入漏れなどの不備があった。領収書などの添付忘れで、再申請を求められ、交換商品が届くまで3~4カ月かかることもあり、消費者から不満も出ていた。

 一方、省エネ基準を厳しくし、地上デジタル放送対応テレビの一部機種を4月以降はポイント対象から除外する。

 また、省エネ性能が高い発光ダイオード(LED)照明などは、本来必要なポイントの半分で交換できる優遇措置も導入する。

<雑記帳>センバツ出場の東海大望洋を森田千葉県知事が激励(毎日新聞)
3歳女児が変死=全身にあざ、自宅マンションで-福岡(時事通信)
木嶋被告が利用した「睡眠導入剤」 患者の申告頼み、安易な処方も(産経新聞)
女性メタボ、腹囲80センチ? =診断基準の見直しも-3万人超解析・厚労省研究班(時事通信)
遅咲き鈴木、夢舞台舞う バンクーバー五輪(産経新聞)
スポンサーサイト

診療に従事する大学院生、雇用契約なしが38.1%(医療介護CBニュース)

 文部科学省が実施した調査によると、昨年10月1日時点で国公私立79大学の付属病院で診療に従事していた大学院生8039人のうち、大学側と雇用契約を結んでいないのは38.1%に当たる3064人だった。2008年10月に実施した前回調査(44.9%)から6.8ポイント減少したが、雇用契約を結んでいない学生が傷害保険に加入していないケースもあるといい、同省では、大学院生が明らかに業務として診療に当たっている場合には、雇用契約を結ぶよう呼び掛けている。

 調査は、昨年10月14日付の事務連絡で全国の国公私立大の付属病院長あてに回答を依頼。同省が2月22日に開いた「国公私立大学医学部長・医学部付属病院長会議」で結果を明らかにした。

 それによると、大学側と雇用関係のない3064人の内訳は国立(42大学)1891人、公立(8大学)161人、私立(29大学)1012人だった。特に私立では、診療に従事する2140人の半数近い1012人(47.3%)が雇用契約を結んでいなかった。

 雇用契約のない3064人のうち傷害保険に加入していないのは2.5%に当たる77人で、前回の6.8%から4.3ポイント改善した。ただ、公立では161人のうち72人(44.7%)が保険に未加入だった。

 同省の小林万里子・大学病院支援室長は22日の会議で、「大学院生の場合には、個別の診療行為が教育研究なのか、労働性のある診療なのかは一律に判断できず難しい問題」と前置きした上で、「こうしたケースでは事故に遭っても労災が利かない。明らかに診療業務の一環として診療に従事している場合には、雇用契約の締結など適切な対応をお願いしたい」と呼び掛けた。


【関連記事】
10年度診療報酬改定の内容などを説明
23項目の看護系大コア・カリ案
看護学カリキュラムの内容・評価方法検討へ―文科省検討会
「過労死ライン」超える「36協定」168病院―医師ユニオン
勤務医を「聖職者」から脱却させ、適正な報酬を

大仁田氏落選も参院選でリベンジ みんなの党と連携も視野…長崎県知事選(スポーツ報知)
69歳の元警官、足撃たれ重傷…福岡(読売新聞)
吉村氏が民主会派入り=参院(時事通信)
<日歯連>参院選比例で民主擁立の歯科医師支援を決定(毎日新聞)
<乱気流>体が宙に 悲鳴飛ぶUA機内(毎日新聞)

国母の東海大ひっそり「みなで応援したかった」(読売新聞)

 国母選手が通う東海大札幌キャンパス(札幌市)は18日、ひっそりと静まりかえった。

 予定された「応援会」も急きょ中止となり、学生が集まって応援する姿は見られなかった。陸上部の練習でキャンパスにいた女子学生(1年)は「大舞台をみなで応援したかったのに……」と残念そう。テレビで予選を見たという女子学生(2年)は「実力のある選手だけに、競技以外のことで話題になってほしくなかった」と話した。

小沢氏 「国民の支持は得られる」と潔白を強調  (産経新聞)
関大8億円投資実った!大輔賞作る!…在学生78年ぶりメダル(スポーツ報知)
<訃報>平野忠昭さん68歳=元宇部興産専務(毎日新聞)
相武紗季さん、都内で追突事故 昨年の交通安全ポスターに起用(産経新聞)
日歯連が民主候補支援へ転換 夏の参院選(産経新聞)

菅副総理「民主政調の復活、改めて議論する時」(読売新聞)

 菅副総理・財務相は21日の読売新聞のインタビューで、民主党内で政権獲得後に廃止した政策調査会の機能復活を求める声が出ていることについて、「(政権獲得後)半年やった中でいろんなことが起きている。どうするかという議論を改めてしなければいけない段階に来ている」と述べた。

 政策決定の内閣一元化という原則を維持しつつ、党の意見を反映させる仕組み作りを検討する必要があるとの認識を示したものだ。

 菅氏は、党内の意見を集約するため小沢幹事長が設けた各省政策会議は「必ずしも十分機能していない」と指摘。

 さらに、小沢氏が当選1回の衆院議員に対し、選挙対策に最優先で取り組むよう指導していることについて、「小沢さん的な選挙のやり方とか鍛え方がプラスになっている部分もたくさんあるが、政策的なことにかかわるチャンスもある程度確保するのがバランスだと思う」と語った。

【1都4県週刊知事】埼玉 上田清司知事 高速無料実験に異議(産経新聞)
<ホッキョクグマ>引っ越しの双子 札幌でお別れ会(毎日新聞)
雑居ビル9割超が違反=調理室の清掃不十分も-東京消防庁(時事通信)
<幼児虐待>3歳娘暴行死 傷害致死容疑で父親逮捕 福岡(毎日新聞)
第四銀行員が900万円着服=借金返済に、懲戒免職-新潟(時事通信)

予算委員長解任決議案提出へ=自民(時事通信)

 自民党は17日、鹿野道彦衆院予算委員長が職権で24日の中央公聴会開催を決めたことは「横暴だ」として、同委員長の解任決議案を提出する方針を決めた。 

地元産和牛の脂を活用したせっけん 佐賀市の精肉店(産経新聞)
冬の夜、静寂に包まれる大内宿(産経新聞)
<伊丹空港>「存続協定」見直し必要…橋下知事が発言(毎日新聞)
北教組事件 共産・志位氏「民主支持の強要問題」(産経新聞)
全日空 定期点検怠り欠航 羽田-三宅島など(毎日新聞)

平野官房長官「検察の裏金」行政評価は当然(産経新聞)

 平野博文官房長官は18日午前の記者会見で、原口一博総務相が「検察の裏金」を含めて行政評価するよう指示したことについて「無駄なお金がどこかにないかをチェックするということで、当然のことだ」と述べた。政府が1月に検察庁の裏金の存在を否定する答弁書を閣議決定したことと矛盾するとの指摘に対して、平野氏は「それ以外に無駄なところがあるのかということついて原口氏は発言しており、矛盾しない」との見解を示した。

 原口氏は17日、総務省の行政評価機能強化に向けた有識者検討会で「検察の裏金も全部オープンにし、行政評価するよう指示した」と述べていた。

【関連記事】
総務相、裏金の“聖域なき”実態把握へ
民主党に自浄作用なし!?石川シッポ切りの次は裏金疑惑
「裏金問題追求せよ」元検察“獅子身中の虫”が民主とタッグ?
検察攻勢で小沢致命傷? 特捜VS法務省の内部抗争説も
政権脅かす「政治とカネ」 “引き金”また一つ…

石巻3人殺傷 包丁に無職少年の指紋 元交際相手、隠蔽か(産経新聞)
<中部国際空港>開港5周年祝う式典開催 川上社長も出席(毎日新聞)
「経営のため生活保護者を受け入れた」とたまゆら理事長 約2億5千万円の負債も判明(産経新聞)
<マータイさん>国連大学で環境と平和を語る(毎日新聞)
<鳩山首相>カレーライス食べ、新人議員らと懇談(毎日新聞)

<火災>大阪・都島区のアパートで朝火事 男性2人死亡(毎日新聞)

 14日午前5時半ごろ、大阪市都島区都島中通2のアパートから出火、木造一部3階建て約290平方メートルのうち200平方メートルが燃えた。焼け跡から住人とみられる男性2人が見つかり、搬送されたが、まもなく死亡が確認された。1階の部屋にいた女性(73)が煙を吸い込み軽症。

 大阪市消防局や府警都島署によると、死亡した2人は80代と50代とみられる。「1階から煙が出ている」と住人から通報があった。同署などが出火原因を調べている。アパートには9世帯約10人が入居していた。

 現場はJR京橋駅から北に約500メートルの住宅密集地。1階に住むアパート管理人の斉藤幸子さん(72)は「2階の床が抜けて天井が落ちてきた。早く救出してあげてとお願いしたが、こんなことになるなんて」と絶句。また、2階に住む日下部きみ子さん(68)は「テレビでオリンピックを見ていたら火災報知機が鳴り、慌てて外に出た。白い煙が充満していて何とか手すりをつたって脱出した」と話していた。【平川雅恵、牧野宏美】

【関連ニュース】
火災:宮崎・都城で住宅全焼 2人焼死
火災:住宅の一部焼き、妻が死亡 夫は重傷 東京・大田
火災:名古屋市緑区でアパートの部屋燃える 男性が死亡
火災:ケニア大使公邸が半焼 けが人はなし 東京・目黒
群馬・たまゆら火災:借金返済のため運営 高桑容疑者供述

<上野動物園>パンダ飼育へ 11年にも中国から受け入れ(毎日新聞)
糖尿病性腎症の関連遺伝子を発見―理研(医療介護CBニュース)
<ハイチ大地震>NGO代表の医師、メールで「感染症心配」(毎日新聞)
陸自幹部の政権批判…「誤解招く」「危機感から」(読売新聞)
開封後1週間のワクチン接種=新型インフル、子供8人に-茨城(時事通信)

<民事再生法違反>特定債権者のみに弁済 容疑の数人逮捕へ(毎日新聞)

 ITシステム開発会社「トランスデジタル」(東京都港区、民事再生手続き中)が経営破綻(はたん)前に、一部の債権者に優先的に債務弁済したとして、警視庁組織犯罪対策総務課は同社社長(44)ら数人を16日にも民事再生法違反(特定債権者への担保の提供等)容疑で逮捕する方針を固めた。同法は特定債権者への不公平な弁済を禁じており、捜査関係者によると、同容疑での立件は初めて。

 トランス社は08年8月に新株予約権の発行で31億円を市場から調達したと公表したが、5日後に民事再生法の適用を申請しており、警視庁は資金調達の経緯や資金の流出先を解明するとみられる。

 捜査関係者らによると、トランス社は08年8月27日に31億円の資金調達を公表。その翌日に不渡りを出し、同9月1日に民事再生法の適用を東京地裁に申請、経営破綻した。ところが、トランス社の幹部らはその直前に債権者の男性に約1億数千万円を弁済し、一般債権者に損害を与えた疑いが持たれている。

 市場関係者によると、この男性はトランス社の子会社だったこともあるワイン輸入販売会社の実質的経営者とされ、トランス社に約3億円の債務保証をしていたという。

【関連ニュース】
<民事再生法適用申請>映画製作配給会社:シネカノンが民事再生法の適用申請
<民事再生法適用申請>ゴマブックス:民事再生法の適用を申請 ケータイ小説「赤い糸」など
<民事再生法適用申請>グローバルスポーツ:再生法を申請
<民事再生法適用申請>東建設:民事再生手続き開始
質問なるほドリ:法的整理って何?=回答・山本明彦

首里城花まつり 9万鉢の“春”に包まれ 那覇(毎日新聞)
<サラリーマン川柳>「仕分け人 妻に比べりゃ まだ甘い」(毎日新聞)
警視総監が信金視察=振り込め詐欺対策-東京・巣鴨(時事通信)
折りたたみ自転車 5製品でハンドル抜ける欠陥(毎日新聞)
弁護士法違反で柔道整復師逮捕=資格なく示談交渉-埼玉県警(時事通信)

【from Editor】骨折で済むうちはまだいい(産経新聞)

 先月末、骨折した。長年愛用しているオフロード用の自転車で自宅近くを走っていて転倒、左足の親指が折れてギプス生活が続いている。低い縁石でいつもなら何の苦もなく乗り越えてしまう場所のはずだったが、普段の運動不足や飲み過ぎがたたったのだろう。気が付くと地面が目の前にあった。

 ただ、不思議なのは、その瞬間は激痛だったが夜中に内出血で指全体が黒ずんで腫れるまで、さしたる痛みも感じなかったことだ。翌日になって救急医に「複雑骨折」と告げられるまで骨折という実感はあまりなかった。高校時代に手首を骨折したときも、同じような経験をした記憶がある。

 スキーで大腿(だいたい)骨を折ったことのある友人によると、激痛が続くと身体の方が勝手に痛みの記憶を消すことがあるかもしれないとか。眉唾(まゆつば)だが、10年以上前に胸の中に腫瘍(しゅよう)ができる「縦隔内腫瘍」の手術で胸骨を縦割りにしたときも、ずっと続くと思っていた術後の痛みが2、3日後にふっと消えてしまった経験をした。そう考えると人間の身体っていうのはつくづく不思議なものだと思う。

 ただ、身体には痛みの記憶を忘れる仕組みがあっても、頭の中の記憶となると話が違う。釣った魚の大きさから馬券の的中に至るまで、およそ頭の中に強烈に刷り込まれたものは、忘れようにも忘れられない。それどころか釣った魚は記憶の中では膨らんでいくし、3連単が的中したときのゴール前のシーンは今でもよく思いだす。

 政局も同じだ。不起訴になり幹事長続投を表明したところで、小沢一郎氏を取り巻く膨大な政治資金の「疑惑の山」の記憶が消失するわけではない。「すべて公表してきた」と自らが語ってきた“透明性”も、現・元秘書3人の逮捕・起訴によって、もう説得力も何もなくなっている。

 疑惑は小沢氏だけではない。そもそも国民の義務である納税を怠り、発覚して慌てて贈与税を支払った鳩山由紀夫首相の行為に対しても、国民には強い怒りが残っているし、小沢問題で石川知裕衆院議員の離党で幕引きを図ろうとしても、疑惑は膨らむばかりだ。

 そう考えると、数字は正直だと思う。世論調査で7割もの国民が小沢氏の幹事長辞任を求め、民主党が自浄能力を失ったことも国民はとうに見抜いている。骨折は1カ月程度で全治するらしいが、政治の信認喪失は決定的である。ましてその渦中に幹事長、首相がいれば、なおさらである。(編集長 鶴田東洋彦)

【中医協】診療側委員が改革を目指す声明を発表(医療介護CBニュース)
常陸宮ご夫妻が昭和天皇記念館をご視察(産経新聞)
枝野行政刷新相、きょう就任=鳩山首相が辞令交付へ(時事通信)
雑記帳 赤ヘルファン注目、球場のお宝売り出しへ 広島市(毎日新聞)
児童ポルノ投稿サイト開設=「市民センターのパソコン使う」-容疑で男子高生逮捕(時事通信)

「布川事件」弁護団、水戸地検に謝罪申し入れ(読売新聞)

 茨城県利根町で1967年に起きた「布川事件」の弁護団は15日、水戸地検を訪れ、「違法・不当な捜査活動、公判活動が裁判所の判断を誤らせ、2人に42年に及ぶ苦難を強いた」などとして、強盗殺人罪で無期懲役刑を受けた桜井昌司さん(63)と杉山卓男さん(63)に対し、再審公判で謝罪するよう申し入れた。

 また、これまでの公判で提出されていない杉山さんの取り調べ時の録音テープや目撃者の供述調書など計6点を証拠開示するとともに、再審請求審に提出された証拠に同意し、新たな証拠調べを請求せず迅速に審理するよう協力を求めた。

 これに対し、検察側は「検討する」としたが、具体的な発言はなかったという。取材に対し、同地検は「コメントは出さない」としている。

 水戸市内で記者会見した桜井さんは「犯した罪を反省するのが普通の人間。検察官にも普通の人間の行為をしてほしい」と訴えた。

<全日空機>副操縦士ライセンス忘れ足止め 韓国で4時間半(毎日新聞)
ワイン万引き、とがめた店主殴る→事後強盗で逮捕(読売新聞)
【くらしナビ】そば焼酎 ブームの予感 クセ少なく、すっきり(産経新聞)
56歳無職男を逮捕=高校生刺傷事件-徳島県警(時事通信)
<社民・阿部政審会長>政倫審での説明、小沢氏に求める(毎日新聞)

「作り話。弟信用できない」=政治資金無心の指摘に激高-鳩山首相(時事通信)

 「全くの作り話だ」。12日の衆院予算委員会で、自民党の与謝野馨元財務相が、鳩山由紀夫首相の偽装献金事件に関し、母親からの資金提供を「政治資金として認識していたのではないか」と追及したのに対し、首相が色をなして反論する場面があった。
 与謝野氏は、首相の弟の鳩山邦夫元総務相の話に触れ、「邦夫さんがぼやいていた。『うちの兄貴はしょっちゅう、お母さんのところに行って、子分に配る金が必要だとお金をもらっていた』と。実際はお母さまと政治資金の話はしているのではないか」と詰問。これに首相は激高。「兄弟といっても信じられない話だ。金を無心し『子分に配るお金をくれ』なんて言うわけない」と全否定した。
 さらに与謝野氏は「平成(時代)にこんなに多額の税金を脱税した人はない。『平成の脱税王』だ」と批判したが、首相は「資金提供は検察によって事実が判明するまで全く知らなかった。贈与と理解して納税した」と従来の答弁を繰り返すにとどめた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏「これ以上の説明はない」~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~

<霧>関西で鉄道ダイヤ乱れる 4万8500人に影響(毎日新聞)
【社説検証】日中歴史共同研究 産経「成果期待できぬ」 朝・毎は「評価したい」(産経新聞)
容疑の元Jリーガー逮捕=少女にわいせつ、金奪う-警視庁(時事通信)
小渕氏“伝説”聖子氏が暴露…ラジオで酒豪トーク(スポーツ報知)
石川議員離党「重い決断」=前原氏「小沢氏にも責任」-閣僚(時事通信)

「梅の使節」が亀戸に春をお届け(産経新聞)

 ウメの名所として知られる福岡県の太宰府天満宮の「梅の使節」が、分社の亀戸天神社(江東区亀戸)を訪れ、紅白のウメの鉢を贈った。

 菅原道真(845~903年)が都から太宰府に左遷された際、「東風(こち)吹かばにほひおこせよ梅の花あるじなしとて春な忘れそ」と詠んだところ、道真を慕ってウメが一晩で飛んできたという「飛梅(とびうめ)伝説」にちなんだ恒例行事。

 太宰府天満宮で育てられたウメが、使節の巫女(みこ)から亀戸神社の神職に手渡され、神前に供えられた。

<石川衆院議員>離党「大変無念」落胆隠せず…帯広で会見(毎日新聞)
制服エンブレム偽造容疑、警察グッズマニアら逮捕(読売新聞)
<岡田外相>小沢氏の訪米「支援したい」(毎日新聞)
<子ども手当>親「不詳」の子は同額施設に給付 厚労相方針(毎日新聞)
「梁山泊」実質経営者を起訴=2億8000万円脱税-大阪地検(時事通信)

手製拳銃4丁隠し持つ=「西部劇ファン」の男逮捕-大阪府警(時事通信)

 自宅に手製拳銃を隠し持っていたとして、大阪府警捜査4課などは9日までに、銃刀法違反容疑で、同府富田林市梅の里、無職山崎昭容疑者(66)を逮捕した。容疑を認め、「西部劇を見て拳銃が好きになった」と話しているという。
 逮捕容疑は昨年12月10日、自宅で手製の回転弾倉式拳銃4丁を所持していた疑い。同課は山崎容疑者宅に飾られていた手製銃4丁のほか、別の1丁分の部品、さらに実弾22発を押収した。
 同課によると、山崎容疑者はインターネットを通じ、米国から真正銃の弾倉を輸入。他の部品は国内でそろえていた。完成した手製銃は庭で試し撃ちしており、いずれも殺傷能力があったという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
通信傍受で33人逮捕=09年国会報告
ハイチへPKO派遣決定=陸自第1陣、6日に出発
タクシー走行中にコンビニ物色=銃刀法違反で運転手逮捕
拳銃強盗容疑、会社員2人逮捕=07年、現金190万円奪う

春闘 主力組合が要求提出 3月中旬の回答日目指す(毎日新聞)
「港目指し逃亡」と供述=国外脱出図る? -名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)
大雪 脱出作業7日夕終わる 新潟の車100台立ち往生(毎日新聞)
足利事件無罪論告、検察が菅家さんに謝罪(読売新聞)
わざわざ大阪に転居、夫婦が生活保護不正受給(読売新聞)

国立大13校がインフル追試を見送り 流行下火で特別扱い避ける(産経新聞)

 新型インフルエンザの流行が下火になっている影響で、国立大学全82校のうち東大など13校が感染者救済のための追試験実施を見送ったことが8日、分かった。私立も早稲田大が今月5日に見送りを発表している。最大5万人の追試に備えた1月の大学入試センター試験でも、インフルとみられる症状で追試を許可されたのは509人に過ぎず、受験の現場で新型インフルの“特別扱い”を避ける判断が広がっているようだ。

 ■「公平性」懸念

 文部科学省によると、追試の実施を見送った国立大は、北海道▽埼玉▽東京▽東京農工▽東京芸術▽東京工業▽一橋▽横浜国立▽山梨▽岐阜▽名古屋▽三重▽九州-の13校。東京外語だけが対応を公表していないが、12月時点で「受験機会の確保措置を講じる」と表明。他の68校は最低1つの学部で追試を実施する。

 公立大は76校のうち9校が追試を見送っている。

 見送りの理由として、東大や早大などは(1)患者数が減少傾向(2)センター試験でインフルを理由とする追試験受験許可者数が少なかった(3)ワクチン接種が容易になり、自主的予防が可能-などを挙げており、「追試は公平性確保の点で懸念があり、総合的に判断した」(東大)としている。

 文科省は昨年10月、新型インフルへの対応方針として、各大学に追試などの救済措置を求めた。国立大学協会も2次試験で何らかの救済策を各大学が行うことで合意していた。

 ■問題7万部印刷も…

 センター試験では、大学入試センターが全受験者の1割の「5万人」が追試験を受ける事態を想定して準備。例年は2カ所の追試験会場を、今年は69カ所で確保。問題用紙も「人数判明後では間に合わない」として7万5千部印刷した。

 しかし、実際の受験許可者数は100分の1の509人。48会場で予定通り追試を行ったが、受験者が10人以下の会場も目立ち、鳥取と島根の両県では1人だけ。大量に刷った問題の大半は廃棄される見通しだ。

 同センターは想定した大流行がなかったことを受け、「(追試受験者が)大変少ない人数で収まってほっとしている」とコメントしている。

【関連記事】
センター試験の追試終了 全国48カ所、トラブルなし
センター試験の追試始まる 過去最多の972人が受験
北大も2次の追試見送り 新型インフル感染下火で
東大2次試験は「追試なし」 新型インフル、患者減少で
追試対象は過去最多の961人 インフルは500人超

石川議員は自発的辞職を=社民国対委員長が重ねて要求(時事通信)
広島県沖の無人島、1億1万円で落札か(読売新聞)
<岐阜市長選>現職の細江茂光氏が4選果たす(毎日新聞)
<制服>警官エンブレム偽造の2容疑者逮捕 茨城(毎日新聞)
<鳩山首相>太宰府天満宮「梅の使節」の表敬に笑顔(毎日新聞)

<不動産仲介会社>わいせつDVD店入居させ逮捕 警視庁(毎日新聞)

 雑居ビルにわいせつDVD販売店を入居させたとして、警視庁保安課は5日、不動産仲介会社「オフィス・ツー」(東京都新宿区)社長、伊藤真容疑者(53)=練馬区石神井台4=をわいせつ図画販売目的所持ほう助容疑で逮捕したと発表した。保安課によると、不動産仲介業者を同容疑で摘発するのは全国初という。

 一方、都公安委員会は同日、わいせつDVD店として使わないと誓約させることを義務付けた都ぼったくり防止条例に基づく勧告に従わなかったとして、初めて会社名を公表した。

 逮捕容疑は09年12月4日、わいせつDVD店として使用されることを知りながら、店長の男(32)=わいせつ図画販売などの容疑で逮捕=と契約を結び、わいせつDVD店を新宿区歌舞伎町のビル2階に入居させたとしている。伊藤容疑者は「わいせつDVDを販売しているとは知らなかった」と容疑を否認しているという。

 伊藤容疑者は07年ごろからDVD店十数店舗を仲介し、08年12月に都公安委から勧告を受けていた。

 都は入居を取り次ぐ仲介業者への取り締まりを強化するため、07年4月に条例を改正。勧告に従わない場合は、業者名を公表できる制度を導入した。警視庁によると、07年以降17件が勧告されている。【町田徳丈】

【関連ニュース】
強制わいせつ容疑:警部を逮捕 08年にも処分 福岡県警
わいせつ行為:容疑の埼玉県警巡査長を逮捕 神奈川県警
公然わいせつ:容疑でNHK職員逮捕 警視庁
匿名通報ダイヤル:2月から児童虐待の情報も受け付け
信者暴行容疑:韓国籍の61歳牧師を逮捕 茨城県警

証明書「元局長から手渡し」=障害者団体元代表が証言-大阪地裁(時事通信)
ベルマーク50周年 AED購入や「実験教室」利用も(産経新聞)
最年少の女流棋士に=11歳の藤沢さん(時事通信)
玄関開くと…カモシカ!夫婦襲われけが、籠城9時間(読売新聞)
安倍元首相、小沢氏の不起訴方針に「だれもが驚いた」(産経新聞)

求職者支援の恒久化検討=給付額、対象者を議論-厚労省審議会(時事通信)

 厚生労働相の諮問機関である労働政策審議会は4日、職業訓練の受講を条件に長期失業者に給付金を支給する求職者支援制度を恒久化するため、議論を開始した。現行の支援制度は2010年度末までの時限措置。政府はこれを11年度から恒久化する考えだ。審議会は制度が始まった09年7月以降の利用状況を踏まえ、給付額や対象者などを詰める。
 現行制度は、雇用保険を受給できない長期失業者を対象に最長2年間、月10万円(扶養家族がいれば12万円)を支給。訓練コースにはパソコン技能、介護や医療事務の実践演習などがあり、今年1月下旬時点で2万人超が給付金の受給認定を受けている。 

【関連ニュース】
施政方針演説要旨
施政方針演説全文
2次補正予算が成立=「二番底」回避を期待
2次補正、午後に成立=参院委で可決
2次補正が衆院通過=28日成立の公算

<平城遷都1300年祭>入札工事6件、くじ引きで落札--奈良(毎日新聞)
トヨタ社長、早急な対応指示=「プリウス」問題で会見(時事通信)
前副知事、収賄容疑で逮捕=町村会会長から現金-福岡県警(時事通信)
龍谷大で入試ミス 受験者全員正解に(産経新聞)
「帰化で対応を」=外国人参政権付与に反対-亀井担当相(時事通信)

参院比例選投票先、民・自が接近…読売世論調査(読売新聞)

 読売新聞社の全国世論調査(電話方式)は、小沢民主党幹事長の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件が、鳩山内閣への評価だけでなく、今夏参院選に向けた有権者意識にも影響を及ぼし始めたことを浮き彫りにした。

 鳩山内閣の支持率は横ばいの44%(前回45%)だったが、不支持率は47%(同42%)に上がった。この結果、政権発足からほぼ5か月で初めて、不支持率が支持率を上回った。不支持率が女性で50%(同43%)、支持政党のない無党派層で61%(同55%)に上昇したことが主な要因だ。

 最近の内閣で、不支持率が支持率を初めて上回った時期は、安倍内閣は発足から6か月、福田内閣は5か月、麻生内閣は1か月余りだった(安倍、福田両内閣は面接方式、麻生内閣は電話方式による毎月定例調査)。福田、麻生両内閣は再び支持率が不支持率を上回ることはなかった。こうした例を見ると、鳩山内閣も「政権交代効果」が薄れて勢いを失った形で、正念場を迎えたと言える。

 今夏の参院比例選投票先で、民主27%と自民22%との差が5ポイントにまで縮まったことは、参院での単独過半数を目指す民主党には厳しい結果だ。

 同党の石川知裕衆院議員が逮捕される前の調査(1月8~10日実施)では、民主は35%で自民の20%に15ポイント差をつけていた。逮捕直後の1月16~17日に行った前回は民主28%―自民21%と接近し、今回はさらにつまった。

 今回の調査を見ると、民主支持層で、民主に投票すると答えた人は前回(69%)と同水準の72%にとどまっている。無党派層では民主は7%で自民12%にリードされている。

 民主にとっての救いは、自民に投票するという人が1月以降計3回の調査で、いずれも約20%と大きな変化がないことだ。有権者の「民主離れ」も自民の党勢回復には結びついていない状況だ。

生徒と交際、校内でキス=中学教諭を懲戒免職-横浜市(時事通信)
<日医会長選>京都府医師会の森洋一会長が立候補(毎日新聞)
小沢氏不起訴 法廷攻防へ 人権派ら異色弁護団 検察も総力戦(産経新聞)
<天皇陛下>葉山での静養中止 のどの痛みや腹痛の症状(毎日新聞)
同姓同名・同じ生年月日、別人から保険料誤徴収(読売新聞)

保釈の石川知裕被告、無言で一礼(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で起訴された元会計事務担当の衆院議員、石川知裕被告(36)ら3被告が5日、逮捕から約3週間ぶりに保釈され、集まった100人以上の報道陣の前に姿を見せた。いずれも無言で、足早に迎えの車で東京・小菅の東京拘置所を後にした。

 同日午後5時50分すぎ、スーツに赤いネクタイ姿の石川被告が拘置所を出ると、報道陣から一斉にフラッシュがたかれた。門を出て一礼した後、2、3歩進み、深く頭を下げた石川被告。スーツの襟元に議員バッジはなかった。報道陣から「今の気持ちは」と尋ねられても無言で、迎えに来た同じ北海道選出の松木謙公衆院議員とともに車に乗り込んだ。逮捕前に比べ、目の周りが少しくぼんだように見え、拘置生活の疲れをうかがわせた。

 公設第1秘書の大久保隆規被告(48)は、昨年5月の保釈の際と同様、ユリの花束を抱え、報道陣に向かって2回おじぎをした。表情は穏やかで、笑みをたたえているようにも見えた。

 石川被告は「私の今後については支援者の皆様方のご意見もお伺いして近日中に決めたく存じます」とのコメントを発表。大久保被告は「小沢先生に対して迷惑がかからないようによかれと思って行った判断が、結果として大変なご迷惑をおかけしてしまい、申し訳なく思っております」とするコメントを出した。

【関連記事】
石原知事、民主2トップに「不愉快、不可解」
民主参院国対委員長「これ以上何を調べるのか」
石川知裕被告を保釈 保釈金1200万円
「民主の倫理観」批判 辞職勧告不採決で自民・大島氏
不起訴で「盛大な前夜祭」 民主党内の軽薄さと重苦しさ

強姦致傷罪で男に懲役6年=神戸地裁支部の裁判員裁判(時事通信)
鳩山首相「分からない」 小沢氏の道義的責任の有無(産経新聞)
首都圏連続不審死 木嶋容疑者を送検へ(毎日新聞)
船田前衆院議員が新潮社提訴(産経新聞)
【剛腕の実像 小沢氏不起訴】(上)「秘書が…」 18年前から続くデジャブ(産経新聞)

<訃報>吉田実さん85歳=元いすゞ自動車専務(毎日新聞)

 吉田実さん85歳(よしだ・みのる=元いすゞ自動車専務)1月28日、肺炎のため死去。葬儀は家族のみで行った。喪主は長女白岩潤子(しらいわ・じゅんこ)さん。

<首都圏連続不審死>木嶋容疑者を送検へ(毎日新聞)
神奈川県警の不正経理、国費含めて14億円(読売新聞)
神戸民家火災 猛煙の自宅、父戻る 娘助けようと 母悲鳴「もう無理」(産経新聞)
日程に余裕…高齢者旅行プラン人気 歩く距離短く 食事、入浴に介助者も(産経新聞)
名古屋ひき逃げ 車内に毛髪、血痕…逃走の男女、負傷か(毎日新聞)

<陸山会事件>小沢氏「有罪の証拠ない」地検が会見(毎日新聞)

 東京地検の佐久間達哉特捜部長らは4日午後6時、東京・霞が関の検察庁舎で開いた記者会見で「有罪判決を得るだけの証拠がなかった」などと小沢氏を不起訴とした理由を説明した。会見は約1時間15分と異例の長時間に及んだ。主なやりとりは次の通り。

 --小沢氏を不起訴にした理由は。

 ◆小沢氏自らが虚偽記載をする意思や他の被告との共謀を認定し、有罪判決を得るだけの証拠がなかった。

 --共謀認定を巡り検察内は消極論と積極論に分かれたか。

 ◆どういう意見があったかは対外的に公表しない。

 --虚偽記載について小沢氏の報告や了承はなかったのか。

 ◆やり取りの有無を含めて言えない。

 --4億円は小沢氏の個人資産なのかゼネコンの裏献金なのか。

 ◆公判で明らかにする。

 --原資に水谷建設からの5000万円が含まれるのか。

 ◆コメントできない。

 --原資解明がなければ形式犯として批判されるのでは。

 ◆原資の実態は公判請求の重要な判断材料だった。

 --国会議員を逮捕し、与党の幹事長を捜査した事件の意義は。

 ◆原資の隠ぺいの執拗(しつよう)さ、虚偽記載額の大きさなどから総合的に判断し起訴すべきだと考えた。それ以上の特別な意味合いはない。

 --捜査は終結か。

 ◆現時点で立件すべきものはすべて立件した。

小沢一郎氏 幹事長続投を表明 (毎日新聞)
小沢氏に「けじめ」要求 前原国交相と枝野氏も(産経新聞)
暴行相手は飲食店関係者=顔にけが、朝青龍酒に酔い(時事通信)
「戦場そのものだった」=目撃者の証人尋問-秋葉原殺傷第2回公判・東京地裁(時事通信)
5日から「さっぽろ雪まつり」 雪と氷の幻想的な世界広がる(産経新聞)

サル ナベ、地位捨て恋に走る 新たな群れで奮闘中 大分(毎日新聞)

 恋の季節がピークを迎えた大分市の高崎山自然動物園で、人気者の雄ザル・ナベ(推定27歳)が群れを移籍し、新天地で「恋人探し」に励んでいる。人間なら80歳程度という高齢。元の群れでは序列3位という地位をなげうっての恋の道に、同園は「高齢での移籍は近年例がないが、ナベが幸せなら……」と、繁殖期特有の赤い顔と尻を見守っている。

 ナベはプレーボーイらしく、餌を食べるとき小指を立てる仕草が有名。08年5月にロケがあった「釣りバカ日誌19」では銀幕にも登場した人気者だ。C群(696匹)で約10年間過ごしたが、ここ2年間はB群(526匹)に姿を見せる「二重生活」を送り、09年11月から完全にB群に移った。

 C群でのナベの序列は3位で、1位も視野に入る状況。餌の確保にも苦労しない立場だったが、B群では新参者なので「最も下っ端」扱いだ。

 案内担当の種村将さん(36)たちは、移動の理由を「求愛目的」とみる。群れで長く過ごすオスは、メスから敬遠される傾向があるため「『子孫を残したい』との本能が勝ったのでは」と種村さん。

 毛並みがくたびれつつあるナベだが、恋の行方は「新参者はモテるので、それなりに順調」(種村さん)という。自ら求愛したり、逆に求愛される姿も目撃された。種村さんは「ヒト社会なら『地位がもったいない』となるだろうが、あまり気にしていないでしょう」。恋の季節は3月まで続く。【小畑英介】

【関連ニュース】
大分・高崎山:ボスザルも政権交代 11年在位ゴルゴ失脚
掘り出しニュース:ニホンザル:高崎山も政権交代、15代目ボスにタイガー就任
キラキラ★スポット:2・7別大マラソンコース探訪/1 /大分
毎日新聞寄付講座:別大マラソンをテーマに講演--芸短大 /大分
別府大分毎日マラソン:見学しよう 県、「ふれあい探検隊」募集 /大分

関学大入試で出題ミス、全員を正解へ(産経新聞)
<公明党>「政治とカネ」の協議機関設置を呼びかけ(毎日新聞)
女性20m引きずり死なせた職安職員を懲戒免職 大阪(産経新聞)
「のめり込むように信じた」数千万円投資の女性 サンラ・ワールド(産経新聞)
地下鉄エスカレーターで転倒、数十人折り重なる(読売新聞)

<海底火山>福徳岡ノ場が噴火 4年半ぶり 南硫黄島沖(毎日新聞)

 3日午前7時45分ごろ、南硫黄島(東京都小笠原村)の北北東約5キロにある海底火山「福徳岡ノ場(ふくとくおかのば)」から白煙が立ち上っているのを第3管区海上保安本部(横浜市)の巡視船が見つけた。05年7月以来約4年半ぶりの噴火で、火山活動が活発化している。

 3管によると、現場は東京の南約1300キロ。1904年、14年、86年の3回、海底が隆起して新島を形成したが、いずれも海没した。50年ごろから常に海域が変色しており、昨年12月にも黄緑色に変わったことが確認されていた。【木村健二】

【関連ニュース】
普天間移設:社民党、硫黄島案取り下げ 火山活動など理由

3兆円減の予算対案=財政再建を強調-自民(時事通信)
<ニュース1週間>小沢幹事長を聴取/経団連次期会長に米倉・住友化学会長(毎日新聞)
函館線運転再開、脱線列車2両を撤去(読売新聞)
1月前半寒く、後半温暖=降雪量少ない-気象庁まとめ(時事通信)
<岐阜市長選>告示 無所属の4人が立候補 2月7日投開票(毎日新聞)

路上で血を流した男性倒れる ひき逃げ事件か 東京・江東区(産経新聞)

 東京都江東区で先月30日、男性が耳から血を流して倒れているのが見つかり、司法解剖の結果、ひき逃げされた可能性が高いことが1日、警視庁東京湾岸署への取材で分かった。男性は搬送先の病院で死亡が確認され、同署は死亡ひき逃げ事件として捜査している。

 同署によると、死亡したのは岐阜県大垣市昼飯町のトラック運転手、岡嶋重郎さん(59)。先月30日午前5時5分ごろ、同区辰巳の路上に止めた大型トラックの横で倒れているのが見つかった。トラックは岡嶋さんが運転していたもので、数分前にトラックに備え付けられたはしごを岡嶋さんとみられる人物が上っていたのが目撃されている。

 同署は転落とひき逃げの両面から捜査していたが、司法解剖の結果、死因は頭蓋骨(ずがいこつ)骨折などであることが判明。右側頭部に強い衝撃があったとみられることから、同署はひき逃げされた可能性が高いとみて調べている。

【関連記事】
34歳、正社員の夢無残「頼りになる兄」 名古屋3人ひき逃げ死
沖縄・読谷のひき逃げ事件、道交法違反で米兵を追起訴
大阪・生野の死亡ひき逃げで男逮捕 事故後、車ナンバー外す
無免許でひき逃げ容疑の男逮捕 上司一時身代わり「免許ある自分なら大丈夫」
「雪の塊かと…」お年寄りを24キロ引きずり死なせた左官逮捕 北海道

<引き写し>東京海洋大准教授らが論文に 学会掲載取り消し(毎日新聞)
「あなたの所有物ですね」「はい」… 凶器のナイフ示され、うなずく被告(産経新聞)
鹿大、同意なく 68人から採血 「研究目的」告げず(西日本新聞)
<リコール>シャープの両開き式冷蔵庫97万台 扉が落下(毎日新聞)
<外国人労働者>09年15.7%増、最多は中国25万人 (毎日新聞)

<留学生>長期の外国人生徒数、初の減少 08年度(毎日新聞)

 日本の高校に3カ月以上の長期留学をした外国人生徒数が08年度、初めて減少に転じたことが文部科学省の調査で28日分かった。同省は不況の影響とみており「無償でのホームステイ受け入れを負担に感じる日本の家庭が増えていることも、背景にあるのではないか」と分析している。

 調査は86年度から隔年で実施。日本の高校への留学生は増え続けてきたが、08年度は延べ1816人と06年度比で50人減った。出身国別では、中国が503人(06年度比132人増)、韓国が96人(同35人増)と伸びているのに対し、米国は209人(同57人減)、豪州は170人(同53人減)、ドイツは118人(同26人減)と遠方の国からの留学生が減っている。文科省は「世界同時不況で、送り出す側の国の家計も影響を受けている。日本への関心が低くなったわけではないと思う」としている。

 日本から海外の高校に3カ月以上留学した生徒数は、08年度は3190人と06年度比723人(18.5%)の大幅減。文科省は「不況の影響が大きい」としながらも、「留学への関心の薄れもある。インターネットなどで海外の情報が容易に入手できるようになったためではないか」としている。【加藤隆寛】

【関連ニュース】
韓国:米大学試験で塾講師、時差利用しカンニング タイで入手、米の留学生にメール
衣・食・遊体験ツアー:子どもと留学生交流 伝統の遊びや食文化体験--周南 /山口
災害体験:ゲーム通し体験、留学生らがワークショップ 熊本市で来月6日 /熊本
キャンパスウオーク・これが評判!:亜細亜大 留学生会 /東京

遺棄容疑で男を逮捕=井戸の元社長遺体事件-鹿児島県警など(時事通信)
名護市長選 移設反対派が勝利 5月決着また先送りか 首相の責任問題にも(産経新聞)
充電器マルチ NPO運営、信用高める 逮捕の幹部ら 被災者支援PR(産経新聞)
学生音コン 入賞者演奏会と表彰式 東京大会(毎日新聞)
平野長官、地元との同意なしで決定も 普天間移設問題で 鳩山首相はゼロベースでの移設先検討を強調(産経新聞)

「いのち」連発、初の施政演説に鳩山カラー(読売新聞)

 「いのちを、守りたい」。29日午後1時、衆院本会議場。鳩山首相のややうわずった声が響いた。

 傍聴席には、「主役」の晴れ舞台を見守る側近2人の姿があった。旧通産省OBで参院議員の松井孝治官房副長官。昨年10月の所信表明演説に続き、首相の思いを酌み取って今回の施政方針演説を書き上げた「脚本家」だ。

 本会議直前まで首相の執務室で話しぶりを徹底指導した劇作家の平田オリザ内閣官房参与は「演出家」の役割を果たした。

 ◆作・演出は側近の2人◆

 内政から外交まですべての政策を「いのちを守りたい」というフレーズで結び、「いのち」を24回も連発した演説は、3人が年末からひそかに練り上げたものだった。自民党政権下なら、官僚主導で「首相のカラーがない」と批判されるのが常だった国会演説はこの日、「鳩山カラー」一色に染まった。

 昨年12月30日、インド訪問から帰国した首相は、松井氏に「自分の政治理念と非常に重なる」と告げ、インド建国の父、マハトマ・ガンジーの言葉を演説に盛り込むよう求めた。ニューデリーのガンジー廟(びょう)で見た「七つの社会的大罪」だった。

 だが、26日の閣議で演説全文を目にした閣僚たちは、仰天した。「七つ」の中には、「労働なき富」という言葉があったのだ。首相が実母から毎月1500万円もの資金提供を受けていた問題を想起させないか――。

 「『労働なき富』というのは、大丈夫ですか?」。閣僚の一人がおそるおそる切り出すと、首相は「自分のことを言われるのはわかっている。だからと言って(ガンジーの言葉が)間違っているんですか?」とむきになった。

 この場で演説を読み上げた松井氏は「途中で感極まって涙を流した」(閣僚)といい、手直しを求める雰囲気ではなかったという。

 ◆「労働なき富」に「それはあんただ」◆

 閣僚らの不安は的中した。参院本会議場で首相が「労働なき富」と読み上げた瞬間、野党席からは「それはあんただ」と激しいヤジが飛び交った。

 それでも、首相の危機感は薄い。「国民の心に響いたらと思っている。批判も覚悟で思い切ってやらせていただいた」。29日夜、首相は満足そうに語った。

死刑求刑の元組幹部に無期判決=男性2人死なせ埋める-大阪地裁(時事通信)
<漁船銃撃>被弾の2隻、銃痕を隠す 事実を隠蔽か(毎日新聞)
摘発の携帯電話充電器販社元社長「資金繰りでマルチ商法にシフト」(産経新聞)
<鳩山首相>普天間継続使用を否定(毎日新聞)
普天間、5月決着に悲観論=「法的措置」発言が波紋(時事通信)
プロフィール

うめむらつよしさん

Author:うめむらつよしさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。