スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1都2県でひったくり70件以上 容疑の男追送検(産経新聞)

 埼玉県や東京都など1都2県で70件以上のひったくりを繰り返していたとして、県警捜査3課と吉川署は25日、窃盗の疑いで、東京都葛飾区西水元、解体工、清水洋昭被告(34)=同罪で起訴=をさいたま地検越谷支部に追送検した。

 捜査3課の調べでは、清水容疑者は平成17年9月26日~21年12月15日までの間に、三郷市鷹野の路上など計72カ所で、バイクで徒歩や自転車の女性の後ろから近づき、追い抜きざまにバックなどをひったくる犯行を繰り返した疑いが持たれている。被害総額は現金約230万円と、クレジットカードなど1064点(計約270万円相当)。

 捜査3課によると、清水容疑者は「解体工をしていたが、仕事が少なくなり小遣いが欲しかった」と供述しているという。清水容疑者は自宅から約10キロの範囲内で犯行を繰り返していた。犯行後、バイクから車に乗り換え、捜査の様子などを見に現場に戻ることがあったという。

【関連記事】
盗難車でひったくりなど133件、男3人を最終送検
「13歳なら逮捕されない」と後輩使ってひったくり
「あれやろか」が合図 岸和田のひったくり少年グループの例
大阪の未成年ひったくり犯は2割超が14歳未満
高齢女性からひったくり 容疑の小5男児ら3人処分
あれから、15年 地下鉄サリン事件

裁判長「誠に申し訳ない」、菅家さんに謝罪(読売新聞)
小1暴行死、罪名を傷害致死罪に…地検が変更請求(読売新聞)
鳩山邦夫氏の離党を承認 除名処分は見送り 自民党(産経新聞)
空自小松基地の業務データ流出=2年前、USBなくなる-石川(時事通信)
子ども手当法 成立 6月から支給(毎日新聞)
スポンサーサイト

<河村たかし市長>リコール陣頭指揮 議会対決一段と先鋭化(毎日新聞)

 名古屋市の河村たかし市長は27日、市議会の解散請求(リコール)の署名集めをする「受任者」を募るための街頭活動を行う。市長を支援する5団体が計画したが、市長を先頭に立て市長対議会の対立を一層先鋭化させることで、運動を盛り上げる狙いだ。【丸山進】

 リコールするには、名古屋市の場合、有権者の5分の1に当たる36万5000人の署名を1カ月以内に集めなければならない。署名は、受任者と署名者の住居区が一致したものしか有効とならず、成功させるには市内全域でいかに多くの受任者を得られるかがカギとなる。

 5団体は1~2カ月で受任者5000~6000人を集める方針で、27日は初日。昨年の市長選で51万票を獲得する原動力となった市長の「自転車街宣」で、活動に勢いを付けたい考え。

 市長は27日午後3時に東区の個人事務所をスタートし、午後4時前後に中区栄、午後4時半~5時に中区大須で街頭演説を行い、受任者を募る。支援団体の幹部は「市長に議会を批判してもらえば、多くの受任者が名乗り出てくれるのではないか」と話している。

【関連ニュース】
河村市長:民主党県連に市議が直訴「反党的な行為がある」
衆院選:「政治に対する民の怒り爆発」名古屋市長
五輪フィギュア:名古屋市長「3選手で聖地をパレード」
雑記帳:「名水対決」名古屋市長、富山に1票
名古屋市議会:河村市長公約否定の議決

壁画どこへ行く 高度成長期の最先端「西長堀アパート」(産経新聞)
郵貯限度額、2000万円に=政府出資は3分の1超(時事通信)
フリー、ネット記者10人が出席=内閣記者会が開放-首相会見(時事通信)
22年度予算が成立 戦後5番目の早さ(産経新聞)
<横田基地>初の民間機着陸 空中衝突防止会議の開催で(毎日新聞)

京友禅に地図・動物・果物!女子大生デザイン(読売新聞)

 京都市立芸術大美術学部でビジュアルデザインを専攻した4年の女子6人が、動物や地図などユニークな模様の京友禅の振り袖をデザインし、23日の卒業式で披露した。

 6人の考えた色や柄に基づいて、京友禅の職人らが染めや仕立てをし、西陣織の職人が合う帯を作った。経費計約300万円は、企画した市が負担し、今後は展示などを行う予定。

 白地にオウムやイチゴをちりばめた着物姿の山岡由衣さん(23)(大阪府豊中市)は「ポップな柄なので、肩ひじ張らず気軽に着られます」。

証拠品ナイフ折るよう指示=蒲田署警部補に停職処分-警視庁(時事通信)
同意人事、手続き見直さず=平野官房長官(時事通信)
<センバツ>向陽…伝統の左腕擁した古豪 OB前に堂々復活(毎日新聞)
佐賀大 ラグビー部1年男子、一気飲み死亡 「強要ない」(毎日新聞)
<入札>導入したら歳入70倍に 自販機設置で岐阜県(毎日新聞)

<民放連>広瀬会長「行き過ぎ」 総務省の自殺報道照会(毎日新聞)

 総務省が在京の民放キー局5社に対し、女子中学生の自殺報道の内容を照会していた問題で、日本民間放送連盟の広瀬道貞会長は18日の定例会見で「行き過ぎで大変遺憾」と批判した。

 広瀬会長は自民党政権時代、与党の意思をくんだ省庁側が番組内容について局に問い合わせることがあったことを指摘し「政権が交代し、あるべき姿にするチャンス」と是正を求めた。

 照会は5日、総務省地上放送課の担当者が「写真や遺書を公表しない」など「世界保健機関(WHO)」の勧告に基づいてメールで行ったが、その後すべての照会を撤回した。【栗原俊雄】

野焼きの男性3人死亡=陸自東富士演習場-静岡(時事通信)
<遺体解剖>別人と取り違える 東京都監察医務院(毎日新聞)
小林千代美議員「責任の取り方様々ある」(読売新聞)
電子書籍で懇談会=データ形式視野に協議-政府(時事通信)
<首都高>事実上値上げ 年内にも距離別料金--政府検討(毎日新聞)

桜開花 東京・日比谷公園でソメイヨシノ咲く(毎日新聞)

 九州や四国の各地で桜が開花し、桜前線が北上する中、東京都千代田区の日比谷公園でもソメイヨシノが咲き始めた。民間気象会社の予想では、都心の開花日は今月22~24日。同公園の桜は民間各社の観測対象でないため、正式な開花宣言とはならないが、「公園内で特別早く咲く1本」(同公園サービスセンター)は、訪れた人の目を楽しませている。

【特集】投稿写真も募集中!全国のさくら情報2010

 開花したのは同公園の小音楽堂に近い第1花壇の木1本で、18日は昼休みの会社員らが珍しそうに見入っていた。気象庁によると、この日の都心の最高気温は平年並みの13.1度だった。

 民間気象会社のウェザーニューズとウェザーマップ、日本気象協会によると、ソメイヨシノの開花は全国的に平年に比べ数日から1週間程度早いと予想され、東日本では来週中に開花する地域が多いという。【福永方人】

【関連ニュース】
【特集】写真で見る花見の今昔 飲めや歌えは連綿と

「科学技術で解決」は75%=環境や食糧問題-内閣府調査(時事通信)
警察庁長官が訪韓(産経新聞)
<訃報>村松巌さん84歳=七十七銀行元頭取(毎日新聞)
公明、再び与党の道へ 民主と子ども手当修正合意(産経新聞)
新田選手の「金」を祝福=鳩山首相(時事通信)

兵庫・明石のJR新快速で人身事故 1万400人に影響(産経新聞)

 11日午後0時半ごろ、兵庫県明石市大久保町のJR西明石-大久保間で、男性が長浜発姫路行き下り新快速電車にはねられた。男性は即死。明石署は、近くに住む30代の男性とみて身元の確認を急いでいる。

 この事故で、計18本が運休、計11本に最大67分の遅れが出て約1万400人に影響があった。

【関連記事】
天気大荒れ、栃木県内でも被害 転倒、停電、スリップ事故…
MEGUMI、人身事故で「相手の方に心からお詫び」
転落防止ドアで乗客の安全確保 山手線は全駅で設置へ
交差点にご注意! 和歌山県警が事故上位10位を公開で呼びかけ
浦和・柏木、車で接触事故…双方けがなし
20年後、日本はありますか?

<シー・シェパード>今後の展開に不安の声も 船長逮捕(毎日新聞)
漫画などの児童ポルノ規制 都、条例改正案を説明(産経新聞)
<朝鮮学校無償化>対象か除外か、基準とする省令が左右(毎日新聞)
<新宿指輪強奪>容疑者を起訴 ソウル中央地検(毎日新聞)
ネットで仲間募集、女性暴行の男に無期求刑(読売新聞)

日米密約 開かれた真実の扉 報告書は西山さんの指摘追認(毎日新聞)

 外務省調査チームや有識者委員会が明らかにした米軍用地の原状回復補償費(400万ドル)を米国の求めに応じて日本が肩代わりした事実は、西山太吉・元毎日新聞記者(78)がまさに71年、記事で指摘していたことだった。報告書は記事内容を追認した形だ。「真実に迫って、なぜ罪に問われるのか」と訴え続けてきた西山氏に話を聞いた。【臺宏士】

【日米密約問題】外務省調査報告書の全文

 --外務省はようやく肩代わりの事実を認めました。

 西山氏 自民党政権が一貫して「一切密約はない」としてきた説明を否定したわけで、画期的な結論だ。00年、密約の存在を認める米公文書が開示されたことに始まり、昨年の日米における新政権誕生、仇敵(きゅうてき)のはずの吉野文六・元外務省アメリカ局長(91)が肩代わりを認める証言を始めるなど、認めざるを得ない状況に追い込まれたにしても、まさに奇跡に近い要素が凝縮した結果だ。政府のウソが不問に付され、西山だけが罪に問われるのは不公正だと、「天」が真相究明の機会を与えてくれたのだと思う。

 --吉野氏と米公使がイニシャルを署名した密約を示す文書(吉野文書)は見つからなかったようです。

 西山氏 情報公開法の施行(01年)に合わせて大量の公文書が外務省で廃棄されたと言われている。なぜ、廃棄されたのかの実態解明も併せて行わなければ、真相に迫ったことにはならない。文書廃棄は、密約を外交史から葬ろうとする重大な情報犯罪だ。

 --一方、秘密書簡に関する「条約課長メモ」が発見されました。

 西山氏 当時400万ドルを賄うことを了解する秘密書簡は作成されなかったと、今回見つかった「条約課長メモ」を根拠に述べられている。書簡作成は米側の要請だったが、のちに国内向けの説明と食い違うことを外務省は嫌った。表ざたになっても問題ないような表現にしようという当時の政府の方針は明らかになっているが、そのための文書が吉野文書で、まさにこれが秘密書簡だった。課長メモを今回あえて出したのは、密約の悪質性を薄めたいという外務省の思惑があると思う。

 --沖縄返還に伴う日本側の財政負担は協定以外にもあることが米公文書によって明らかになっています。

 西山氏 外務省は沖縄返還における密約の代名詞とも言える肩代わり問題に限定して調査したが、財政負担にかかわる密約の一部に過ぎない。米公文書によると、総額は5億ドルを超えているという。この問題は米軍駐留費の軽減を安易に認める「思いやり予算」につながる問題だ。財務、外務合同の調査でなければ全体像は分からないし、国会での調査は重要だ。

 ◇報道から40年 やっと公表

 沖縄返還交渉の最終局面で難航したのが、米軍用地を原状回復するための補償費400万ドルを日米どちらが負担するのかという問題だった。返還協定では表面上、米側の「自発的支払い」とすることで決着したとされたが、その裏では外務省が今回初めて明らかにしたように、日本側の公式負担額の3億2000万ドルには日本が積み増した400万ドルが含まれていた。71年、西山氏は密約の存在を裏付ける外務省の電信文3通を入手。記事で疑惑を指摘した。

 72年、社会党の横路孝弘議員(現衆院議長)が国会で政府追及に使ったのが、西山氏から受け取った電信文で、後に外務省の女性事務官を通じて西山氏に渡っていたことが分かり、警視庁は同年、国家公務員法のそそのかしと秘密漏えいの疑いで、西山氏と事務官を逮捕した。国民の知る権利を守る声が各界から起きたが、入手方法に対する批判も出た。裁判は最高裁まで争われ、有罪が確定した。

 また、西山氏は国に3300万円の賠償を求めて提訴(最高裁で敗訴確定)したが、この裁判では密約の有無は触れられなかった。ところが、密約文書を開示するよう国に求めた情報開示訴訟では、交渉責任者だった吉野文六・元外務省アメリカ局長自身が密約の存在を証言した。同訴訟は4月9日に判決が言い渡される。

 71年の報道から40年目。今回の報告書で外務省はようやく、肩代わりした経緯を明らかにした。ただ、岡田外相は会見で、肩代わりについて「必ずしも密約ではなかったと考えている」と述べた。密約を秘密書簡などが存在する厳密な意味でとらえた発言とみられる。【臺宏士】

【関連ニュース】
【日米密約問題】外務省委が報告書 核持ち込みは「暗黙の合意」
【日米密約問題】再持ち込み容認「会談録案」 69年外務省作成
【日米密約問題】自民、歴代政権を擁護 麻生氏「承知してない」
【日米密約問題】元駐米大使の東郷氏 大量のメモ決め手に
【日米密約問題】佐藤栄作元首相「非核三原則は誤り」

彬子さま、今月米ご出張へ(産経新聞)
トランス脂肪酸、自主表示を=メーカーに通知へ-消費者庁(時事通信)
<訃報>徳田弘さん77歳=元秋田大学長(毎日新聞)
<政治とカネ>首相、改革強調 自民「責任取ってない」(毎日新聞)
<愛知3人殺傷>懲役22年確定へ 最高裁決定(毎日新聞)

北日本中心、11日明け方にかけ強風・大雪か(読売新聞)

 三陸沖で急速に発達している低気圧の影響で、北日本を中心に11日明け方にかけて風が非常に強く吹き、大雪となる見込みとなっている。

 気象庁によると、低気圧が進むのに伴い、北日本の大雪は次第に北海道のオホーツク海側が中心となり、11日昼過ぎにかけて続くとみられる。

 また山口県でも11日未明にかけてさらに20センチ程度の雪が降るところがある見込み。

 11日午後6時までに予想される降雪量は、いずれも多いところで、北海道、北陸の各地方で40センチ、長野、群馬、岐阜の各県と近畿北部で30センチ。

 また全国的に風が強まり、特に北海道の太平洋側と北陸地方では11日明け方にかけて雪を伴って風が非常に強く吹き、また伊豆諸島でも11日未明にかけて風が非常に強く吹き、海は大しけになると予想される。

【Web】ネットの主役は中高年?(産経新聞)
<5歳児餓死>「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述(毎日新聞)
<5歳児餓死>「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述(毎日新聞)
万引誤認逮捕、全国で相次ぐ 「目撃」偏重、裏付け怠る(産経新聞)
皇太子さま、ケニア入り(時事通信)

天気 降雪、強風で交通機関乱れる(毎日新聞)

 低気圧の急速な発達により、9日夜から10日朝にかけて全国的に大雪や強風となり、各地の交通機関が乱れた。気象庁によると、関東では埼玉県秩父市で10日未明に積雪24センチを観測、東京都心でも積雪があった。北日本と東日本では11日にかけても大雪となる地域がある見込みで、気象庁は警戒を呼び掛けている。

【強風で…】鶴岡八幡宮の大銀杏倒れる 樹齢千年…

 気象庁によると10日午前9時現在の積雪は▽埼玉県熊谷市、甲府市7センチ▽前橋市6センチ▽宇都宮市2センチ--など。最大瞬間風速は水戸市で23.3メートル、千葉県銚子市で22.4メートルを観測した。11日午前6時までの24時間降雪量は多い所で▽東北の太平洋側70センチ▽北海道60センチ▽東北の日本海側、群馬県40センチ--の見込み。

 鉄道は10日朝、降雪による倒木でJR中央線快速電車の東京-高尾間の上下線に遅れが出たほか、西武池袋線・西武秩父線の入間市-西武秩父間で運転を見合わせた。高速道路は、9日夜から中央道、北関東道などで雪による通行止めが相次ぎ、10日未明には関越道の練馬-渋川伊香保間が通行止めになった。10日午前も一部区間で通行止めが続いた。

 日本航空は午前11時半までに青森、仙台などを発着する計38便の欠航を決定。全日空も新千歳、八丈島などを発着する計31便が欠航し、両社で約6200人に影響が出た。

 埼玉県では雪の影響で、10日朝までに交通事故が316件発生し、転倒などで5人が重傷、46人が軽傷を負った。都内でも26人がけがをした。【福永方人、銭場裕司】

【関連ニュース】
【気になる全国の天気をチェック】
【アメダス実況】現在の全国の降雨状況は?
【低気圧の推移が分かる】衛星画像:降水短時間予報
【気になる全国の天気予報をチェック】

神奈川県内のマクドナルド全店、全面禁煙に(読売新聞)
両陛下、ラオス大統領と会見(時事通信)
<太陽>黒点の「たね」発見 両極に強い磁場(毎日新聞)
<5歳児餓死>「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述(毎日新聞)
「名に恥じない仕事を」 首相、祖父の墓前で報告(産経新聞)

<サイバー犯罪>9年連続で最多を更新 警察庁09年まとめ(毎日新聞)

 09年に摘発されたサイバー犯罪(情報技術を利用する犯罪)は6690件(前年比5.8%増)で、統計を取り始めた00年以降、9年連続で過去最多を更新したことが警察庁のまとめで分かった。最も多かったのは、インターネットを犯罪の主な手段として使ったネットワーク利用犯罪で3961件(同8.6%減)だが、偽のウェブサイトに誘導して他人のIDやパスワードを盗み取る「フィッシング」の手口で不正アクセス禁止法違反に問われたケースが2534件(同45.6%増)にのぼり、全体の数字を押し上げた。

 ネットワーク利用犯罪の内訳は、詐欺1280件(同15.1%減)▽児童買春・青少年保護育成条例違反742件(同21.4%減)▽わいせつ物頒布・児童ポルノ647件(同50.1%増)▽出会い系サイト規制法違反349件(同4.9%減)--など。詐欺では、大半を占めていたインターネット・オークション利用詐欺が522件(同54.2%減)と大幅に減少。落札者が入金した代金をネット銀行が一時預かり、商品受け取り後に出品者に代金を入金するサービスを大手事業者2社が導入したことが影響したとみられる。

 ネット関連の相談受理件数は8万3739件(同2.1%増)で、このうち架空請求メールをはじめとする詐欺・悪質商法が最多で4万315件(同6.7%増)。次いで掲示板への悪質な書き込みなどの名誉棄損・誹謗(ひぼう)中傷1万1557件(同0.4%増)▽ネット・オークション7859件(同12.6%減)--など。

 一方、ネット上の自殺予告は223件228人で前年から43件、32人それぞれ増加。このうち2人が自殺した。【千代崎聖史】

【関連ニュース】
警察庁:安藤長官が3月訪韓
児童ポルノ:警察庁が被害者への支援研修会
警察庁:美容外科から情報提供協定…整形逃亡事件受け
警察庁:国際犯罪に対策室設置 中・韓と連携強化
人事:警察庁

<伊賀鉄道>鮮やかピンク、車内は和風 新「くのいち号」きょう営業運転(毎日新聞)
5歳長男が餓死 虐待死で両親逮捕 奈良県桜井市 (産経新聞)
パチンコ店で340万円奪われる=男が従業員殴り逃走-北海道(時事通信)
<普天間移設>国民新・下地氏「先延ばしすれば議員辞める」(毎日新聞)
【WEB人】芸能リポーター・梨元勝さん(65) 携帯で生放送ワイドショーを(産経新聞)

<福原義春>資生堂名誉会長の写真展「私と蘭138」 6日から銀座・和光並木ホール(毎日新聞)

 東京都写真美術館長を務める福原義春・資生堂名誉会長の写真展「私と蘭138」が6日から和光並木ホール(東京都中央区)で開かれる。18日まで、入場無料。

 福原さんは、小学校時代に父からラン栽培を教わり、以来70年近く続けてきたという。また、日本近代写真の基礎を築いた資生堂初代社長の伯父・福原信三とその弟で写真家の路草の影響を受け、学生時代から写真にも取り組み、自ら育てたランを記録した写真集2冊を出版している。

 写真展は、10年に満79歳の「傘寿」を迎える福原さんが、自ら栽培したラン撮影、印画紙でプリントした作品138点を展示。スタッフは最大で127センチ幅の印画紙と向き合いながら、蘭の美しさを最大限に表現する展示方法を追求したという。福原さんは「蘭の魅力はその種類の多さである」と語っている。開場は午前10時半~午後6時半(日曜日休館)。【松村果奈/毎日新聞デジタル】

【関連ニュース】
トレンド誕生を支える立役者 世界で活躍する資生堂のアーティストたち
ワーク・ライフ・バランス わが社の場合 資生堂
<写真特集>資生堂:懐かしのCM集DVD、第2弾を発売 宮沢、牧瀬、観月の3M、ゴクミも登場

日の丸背負いパンの匠「金」取り パリ“職人五輪”神戸の西川さん出発(産経新聞)
「伊丹空港廃止」をめぐり5決議案 府議会会派、足並みバラバラ(産経新聞)
津波警報と注意報、一部で解除=青森、北海道-気象庁(時事通信)
<EF510>JR旅客初の新型電気機関車を公開 寝台特急用(毎日新聞)
チリ地震 日本人1200人が在住(毎日新聞)

「個所付け」漏えい、前原国交相を口頭注意(読売新聞)

 鳩山首相は2日午前、国会内で前原国土交通相と会い、民主党が公共事業予算の「個所付け」に関する資料を国会の予算審議前に都道府県連に伝えていた問題で、国交相を口頭で注意した。

 国交相はその後の記者会見で、「私に瑕疵(かし)があった。処分を厳粛に受け止める。今回の反省を踏まえて改善していきたい」と述べた。

 平野官房長官は同日の閣議後の記者会見で、処分の理由について、「党に説明をしたことは法令的に違反ではないが、党から地方自治体などに情報が漏れており、情報管理のあり方が徹底されていなかった。意思疎通が十分でなかった」と述べた。

 鳩山内閣の閣僚をめぐる処分では、直嶋経済産業相が昨年11月に、国内総生産(GDP)速報値の伸び率を事前に漏らしたとして厳重注意処分を受けた。

 平野長官は、今回、国交相を注意処分にとどめたことについて、「直嶋氏は(大臣規範の)秘密を守る義務に抵触する可能性があるが、(前原氏は)大臣規範に反する行為ではない」と説明した。

<卒業危機>学校納付金も融資対象に 厚労省(毎日新聞)
<新幹線>500系「のぞみ」最終走行 ファンが詰めかける(毎日新聞)
<新幹線>500系「のぞみ」最終走行 ファンが詰めかける(毎日新聞)
島根女子大生殺害に懸賞金=有力情報最高300万円-警察庁(時事通信)
日本への津波到達は28日午後1時ごろ チリ大地震(産経新聞)

<がんを知るフォーラム>横浜で700人が参加(毎日新聞)

 がんに対する正確な理解を深める「がんを知る全国フォーラムin神奈川」(毎日新聞社、神奈川新聞社、神奈川県共催、アフラック協賛)が27日、横浜市中区で開かれた。東大付属病院放射線科准教授の中川恵一さんと女優の仁科亜季子さんらが、約700人の参加者に予防策や早期治療の重要性を訴えた。

 中川さんは「日本は2人に1人ががんになる世界一のがん大国なのに、対策は後進国だ」と指摘。子宮頸(けい)がんを克服した仁科さんは「子宮頸がんはワクチン接種で予防できる。まず検診を受けて」と呼び掛けた。肺がんを乗り越えたNPO法人「がん患者団体支援機構」副理事長の三浦秀昭さんは「がんに負けない勇気を持ち、夢と希望を持って生きることが必要だ」と語った。

【関連ニュース】
子宮頸がん:産婦人科医の対馬ルリ子さんに聞く/2止 「検診、ワクチンで予防を」
子宮頸がん:産婦人科医の対馬ルリ子さんに聞く/1 「進行すると大手術に」
1月号
がんの市民講座から:/下 先端医療、特徴理解して
掲示板:「子宮頸がんは予防できる!…」ほか

埼玉男性殺害で地検、女を起訴=練炭自殺を偽装-千葉不審死も本格捜査へ(時事通信)
関東、九州で春一番=昨年より12日遅い-気象庁(時事通信)
<チリ地震>大津波警報発令へ 日本に午後、最大3メートル(毎日新聞)
「竹島の日」記念日制定は考えず 官房長官(産経新聞)
市立水族館に「ペンギン村」=山口県下関市〔地域〕(時事通信)

故橋本九段を「語らう会」(産経新聞)

 昨年12月に現役のまま74歳で死去した囲碁の元関西棋院理事長、橋本昌二九段を「語らう会」が27日、大阪市内で行われ、実行委員の清原武彦産経新聞社会長や井山裕太名人ら棋士、ファンら約250人が出席した。同院理事長の塩川正十郎元財務相が「棋士として関西棋院の基礎を作り、理事長として発展に貢献された。囲碁に注がれたその心魂を受け継がなくてはいけない」とあいさつした。

公認会計士受かったけれど、直面する就職難(読売新聞)
登校の児童5人、校庭で犬にかまれけが(読売新聞)
ジェフリー・アンスワース
年金の与野党協議に前向き=国会説明「小沢氏に任す」-鳩山首相(時事通信)
「山本病院」手術死事件、逮捕の元主治医が病死(読売新聞)

1等陸佐発言「首相をやゆ」=政府答弁書(時事通信)

 政府は23日午前の閣議で、自衛隊の1等陸佐が日米関係に絡んで鳩山由紀夫首相に批判的な発言をしたことについて「幹部自衛官の公の場における発言としてふさわしくない」とする答弁書を決定した。鈴木宗男衆院議員(新党大地)の質問主意書に答えた。
 この1佐は「(日米)同盟は『信頼してくれ』などという言葉だけで維持されるものではない」などと発言。これに対し、答弁書は「国家の意思に基づき行われる政治や外交の役割を否定していると受け取られかねず、首相の発言をやゆしているという誤解を招く」としている。 

【関連ニュース】
自民、審議拒否続ける=駆け引き激化へ
納税義務果たした=鳩山首相
普天間、最善の案目指す=鳩山首相
自民、勝算なき欠席戦術=強気の民主に懸念も
知事選敗北、官邸に衝撃=参院選へ厳しさ増す

「政治とカネ」自民の追い風にならず 「一人相撲」の審議拒否(産経新聞)
首相動静(2月19日)(時事通信)
根室で30センチの津波(時事通信)
【Web】「ツイッター社長」台頭 つぶやきから聞こえるトップのホンネ(産経新聞)
「私にも責任」石川議員、離党後初の街頭演説(読売新聞)
プロフィール

うめむらつよしさん

Author:うめむらつよしさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。